漢字なら「栞」で、古くは「枝折」と書いていた。もともとは、山道などで旅人が帰り道の目印として、木の枝などを折ったことに由来する。
吉野山 去年(こぞ)の枝折りの道かえて まだ見ぬかたの 花をたずねん     西行法師                      
11月の読書
11月の読書メーター
読んだ本の数:17
読んだページ数:3767
ナイス数:745

片づけたい (暮らしの文藝)片づけたい (暮らしの文藝)感想
アンソロジー  古今の作家を含め32編 雑文、随筆、エッセイ  ジェーン・スー「ていねいな暮らしオブセッション」に 全く、そうだわと思い、柴田元幸「エントロピーとの闘い」で、あっそうだったのかと納得してしまった。作家が、バラエティに富んでいて、面白かった!
読了日:11月01日 著者:赤瀬川 原平,阿川 佐和子,新井 素子,有元 葉子,有吉 玉青
アメリカの壁 (ケイブンシャ文庫)アメリカの壁 (ケイブンシャ文庫)感想
古い本て、文字のフォントが小さい。昔はこんなの読んでたんだ。年取ったから余計に目が疲れるわ。
読了日:11月03日 著者:小松 左京
22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)感想
映画の小説版。映画が 先だったのか、なるほどね。もしこんな本が 発売されたら、真犯人かどうかより、話題作りだろうと 思ってしまうけどナ。
読了日:11月05日 著者:浜口 倫太郎
頑張らないのにうまくいく ラクしてスッキリお片づけ (TWJ books)頑張らないのにうまくいく ラクしてスッキリお片づけ (TWJ books)感想
目新しいことはなかったが、台所のストック品の収納は いいな。わかりやすいので、サクサク読める。初心者向けね。
読了日:11月05日 著者:吉島智美
「きれい」が続く片づけのアイディア&テクニック「きれい」が続く片づけのアイディア&テクニック感想
テレビで この人の家の中を 見て 知ってたけれど、写真で見たら また違った感じで 参考になる。ミニマリストじゃない分 嬉しい。
読了日:11月05日 著者:吉島 智美
ときどき旅に出るカフェときどき旅に出るカフェ感想
聞いたことがないデザートに 飲み物。カレーもおいしそうだ。こんなカフェ 行ってみたいわ。
読了日:11月10日 著者:近藤 史恵
サーベル警視庁サーベル警視庁感想
なかなか面白かった。警視が べらんめぇ口調なので 面白いなぁと思ってたら、途中で、「六方詞」とあった。「六方詞」という言葉を 知らなかったよ。
読了日:11月12日 著者:今野敏
会津執権の栄誉会津執権の栄誉感想
面白い。時代劇の配役は 誰が いいかなと、 想像しながら読んだ。
読了日:11月15日 著者:佐藤 巖太郎
韓流時代劇と朝鮮史の真実  朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏韓流時代劇と朝鮮史の真実 朝鮮半島をめぐる歴史歪曲の舞台裏感想
アメリカの研究者が、日中韓の歴史教科書を比較研究したら、日本は「ヒストリー」中国は「プロパガンダ」韓国は「ファンタジー」と至ったには 笑った。いや ファンタジーだと思って 韓国歴史ドラマ見てたけど。韓国では染め物がなく、白い衣装しかないこととか、漢字が 日本から逆輸入されてることとか 知っていたけど、近代中国では 7割も 漢字が逆輸入されてたのか。明治時代の人が欧米の言葉を うまく漢字に翻訳したのよね。(今は それができないのかも よく分からないカタカナばっかりだと思う今日この頃。)
読了日:11月15日 著者:宮脇 淳子
朝支度(暮らし上手の知恵袋シリーズ) (エイムック 暮らし上手の知恵袋シリーズ)朝支度(暮らし上手の知恵袋シリーズ) (エイムック 暮らし上手の知恵袋シリーズ)感想
写真がきれい。きれいだからおいしそう。小さな家じゃ、朝から バタバタできないよ。だれか作ってくれ〜〜。
読了日:11月18日 著者:
書店ガール 6  遅れて来た客 (PHP文芸文庫)書店ガール 6 遅れて来た客 (PHP文芸文庫)感想
メディアミックスの大変さ、今までとは ちょっと違った視点もあって 面白かった。
読了日:11月18日 著者:碧野 圭
韓国人による末韓論 (扶桑社新書)韓国人による末韓論 (扶桑社新書)感想
「朴槿恵と亡国の民」で分からなかったことが 納得できた。もう なんだかなぁ の世界だ。これは バイアスのかかったマスコミの情報で、日本人も、扇動されていく愚民になっているのではないだろうかと思ってしまう。レミング効果、だんだん日本も浸食されてるのかも。
読了日:11月21日 著者:シンシアリー
ばけもの好む中将 六 美しき獣たち (集英社文庫)ばけもの好む中将 六 美しき獣たち (集英社文庫)感想
続くのね。続くのね?
読了日:11月24日 著者:瀬川 貴次
超格差社会・韓国 (扶桑社新書 56)超格差社会・韓国 (扶桑社新書 56)感想
韓国ドラマを 見ていて、不思議だったことが こういう本を 読んで なるほどと 思うことが 多々ある。すごい勢いで 高齢化が 進んでいるそうな。いろいろ驚くことばかり。
読了日:11月26日 著者:九鬼 太郎
ハリネズミの願いハリネズミの願い感想
なんで これ読む気になったんだろう。「ハリネズミのジレンマ」を 想像しちゃったけど そうでもないみたい。シュールだ。
読了日:11月29日 著者:トーン テレヘン
無印良品とはじめるミニマリスト生活無印良品とはじめるミニマリスト生活感想
あまり無印良品は好きじゃないけど、シンプルなのは 許せるかな。ま、好みの問題よね。
読了日:11月29日 著者:やまぐち せいこ
それでもこの世は悪くなかった (文春新書)それでもこの世は悪くなかった (文春新書)感想
いつまでも、天晴れというしかない この感覚は何だろう。読んでいて気持ちがいい。
読了日:11月30日 著者:佐藤 愛子

読書メーター
- - -
聖アンナと聖母子
聖母子
Leonardo da Vinci - -
アンギアーリ2
anngia-ri2
Leonardo da Vinci - -
アンギアーリ1

アンギアーリ1

Leonardo da Vinci - -
寂光院
寂光院
ORIGINAL美術館*博物館*寺 - -
Aliceのお茶会栞

Alice920 衝動買いしちゃった。

- - -
猫のbookmark

neko

- - -
遥かなるルネッサンス
伊東マンショ
美術系(海外) - -
ベビーダヤン

ダヤン

CAT - -
西本願寺2
西本願寺2
ORIGINAL美術館*博物館*寺 - -
| 1/30 | >>